美容室に必要なのは技術だけではない

今や美容院の数はコンビニよりも多いと言われているほど、競争率が高いそうです。
そんな中生き残りをかけて、それぞれのお店では独自のサービス展開に熱意を燃やされていることと思いますが、私が長年通っているサロンもその中の一つです。
ある時、いつ美容院に行っても、どのアシスタントの子が担当してくれても、用意してくれる雑誌が私好みのものであることに気付きました。
気になって聞いてみると、このお店ではお客様の趣味嗜好をリスト化しており、毎日の朝礼時に、その日予約が入っているお客様の情報を発表して、スタッフ全員でお客様情報を共有しているとのことでした。
まさかたかが美容室でここまで顧客満足を高めるための工夫がされているのかと、非常に驚いたのを覚えています。
そう言われてみれば、意識してよく店内を観察してみると、このサロンのスタッフはお客様によって対応を変えているのがよく分かります。
カウンセリングに十分な時間をとって丁寧に接客するお客様もいれば、あまり話しかけずにそっとしておくお客様など様々です。
ちなみに私がどのように対応されているかと言えば、新しい美容機器が出たので是非実際に試してみてくださいと言って、商品のテスターを渡されたり、このパックがすごいので手の甲で試してみてくださいと実際にパックを手に出してくれたりと、常に最新の美容情報を与えていただいています。
こっそり新人のアシスタントの子に聞いてみたところ、美意識が高いお客様なので、とにかく紹介しましょう。
納得されれば購入してくださいます、との情報が共有されているそうで、それを聞いて思わず笑ってしまいました。
今や美容室は美容業というよりはサービス業なのですね。
毎月カットに加えてカラーやトリートメントまですれば、決してお安くはない出費になるので、どうせなら心地よいサービスを提供してくれる美容室に行きたいものですね。

▲ページトップへ