美容室と美容院の違いは何だろう

美容室や美容院というのは、一般的には伸びすぎた髪の毛を切るだけに留まらず、カラーリングをしたり、パーマをかけてみたり、あるいは白髪染めをして貰いに出掛ける所と考えているのが一般的かも知れません。
結果的に、どちらに行っても髪の毛に関してのメインテナンスを行ってくれるというのは、間違いありません。
そして、この2つの違いについて気にしないという人もいるかも知れませんが、違いを知る事で後々、役に立つ事もあるでしょう。
まず、幾つか複数の国語辞典で双方の意味を調べてみたところ、いずれの場合も後者の用語は見つける事が出来ますが、前者の用語は存在しないようです。
つまりここで言えるのは、正しい日本語を使うという意味においては、美容院と表現するべきであるという事です。
ところが、大手検索サイトを利用して双方を検索してみると、何れの場合も膨大な量の検索結果が得られますが、美容室として使われる方が多い事がわかります。
付け加えるなら、前述した様なヘアサロンに絞って検索出来るサービスを提供しているWebサイトで調べて見ても、気軽に立ち寄れるというカジュアルさが色濃く演出されている場合は、美容室と使われる事が多いのかも知れません。
対して美容院という言葉を聞くと、ハイ・ソサエティー御用達の場所とか、高級感溢れる髪を美しく綺麗にしてくれる場所という印象を、利用者に与えるからかも知れません。
どちらに魅力を感じるかは、人それぞれの感性やイメージの問題でしょう。
何れにしてもサービス内容に優れ、満足出来る所を選ぶべきでしょう。

▲ページトップへ